宅建に合格する為の有効な勉強法!

このページでは効率よく勉強していくための効果的な方法をご紹介いたします。TOPページで説明したように宅建の勉強で大変なのは出題範囲が広いことです。学習のポイントを絞り効率的に勉強していかなくては短期間で合格するのはまず無理です。

それでは効率的な勉強とはどのようなことでしょうか?それは今のレベルに応じた勉強をして行くことです。勉強したことを確実に自分の力にするためには正しい勉強の仕方があります。

いくら良い教材を使っても自分の実になっていなければ意味がありません。
これから紹介する勉強法の基本をこの機会に理解して見てください。私はこの勉強法で実力を付けていきました。

基礎知識編

まずは基礎知識を徹底的に叩き込みます。はじめから無理に覚えようと思っても無理ですから、
まずはテキストを読み法律のイメージを膨らませて下さい。当然理解できないことも多いと思いますが、気にせず読み進めてください。ちなみに私は重要だと思う内容はノートにまとめておいて、後で確認できるようにしときました。一度読み、何となくイメージできたら、次に疑問に思ったところ、わからなかったところを確認していきます。

知識のインプットはとりあえずこのくらいで良いと思います。後は基礎問題集を用意して問題を解きながら確認作業をしていきます。わからないところはテキストに戻って確認し、また問題集に戻るこの繰り返して基礎知識を完璧にします。又優しい科目からはじめるのもよいと思います。

私は宅建業法から取り掛かりました。そこまで難しい内容ではありませんし、しっかり勉強すれば満点も目指せる科目だと通信講座から指導があったのでこの科目からはじめました。(宅建業法については別ページで)中には民法のように難しい科目から手を付ける人もいるようです。

過去問

宅建に合格するには過去問の勉強が一番大切です。中盤から後半は過去問中心に勉強して見てください。私も過去問は何度も何度も復習いたしました。過去問を解いていけば、出題分野の頻度、問題のレベル、学習のポイントなど様々なことがわかってきます。類似問題も出題されるので、確実に点数を取れる勉強でもあります。ポイントは問題を理解することです。

何度も解いていると答えの丸暗記をしてしまいがちですか、どんなことが問われていて、どうしてこのような答えになるのか、一問一問丁寧に解いていってください。過去問は出来るだけ完璧に仕上げてください。

模擬試験

最後に模擬試験を受けてください。オリジナルの問題になりますから現時点の本当の実力が判断できます。そして必ず復習はして下さい。模擬試験の本当の目的は今後の対策です。模擬試験の結果を分析すれば、色々な弱点が見えてきます。復習が足りないのか、知識が足りないのか、それとも勉強時間が足りないのかなど考えられると思います。その反省を活かして学習スケジュールに組み込めれば大幅な実力アップも可能になります。

上記のように勉強を進めてください。ただしこれらはあくまで基本になりますから、その基本を理解した上で自分のやりやすい勉強法を身に付けてみて下さい。



<おすすめの通信教育>

下記の2社はいずれも安いです。

 ・通信教育のフォーサイト⇒私はこちらにお世話になりました。教材には驚くほどの勉強ノウハウがつまっていて、ここの教材だけで他は必要ありませんでした。

 ・生涯学習のユーキャン⇒こちらも多くの方が利用しているようです。親戚が見せてくれたのですが、どちらかというと私はフォーサイトをオススメします。