宅建に合格するのは独学で良いのか?

当サイトでは宅建に短期間で合格する為のノウハウをお伝えしてきます。

私は1昨年、5ヶ月の勉強期間で一発合格しました。5か月の学習を通して得たノウハウ、資格学校に勤めている親戚からきいた、他では知ることのできない裏情報も織り交ぜながら進めさせて頂きます。最後までお付き合い下さい。

受験を決意したらまず、勉強スタイルを検討します。先にはっきり言いますが、私は通信教育をオススメします。独学で勉強する方も多いようですが、私が聞いた限り、独学の方は最低でも1年から3年かかっていました。
よく知人から、宅建を受験したいんだけど「独学で合格できる?」という相談をされますので、独学をキーワードにお話していきますね。みなさんも「受かる勉強法」に興味がありますよね?

単刀直入に言うと独学で合格するのは難しいと思います。もっと詳しく言えば合格できないこともないが、少なくても1年では厳しいです。なぜなら、独学で合格できるレベルの内容のテキストが市販で販売されていないからです。

学校の関係者が出版している独学用の本は、基本的には学校の宣伝が目的で、合格出来るレベルではないことがほとんど。

なぜなら・・・

よく考えれば納得するのですが、独学でみんな合格してしまったら通学の資格学校はもうかりません(笑)。

他にも理由があります。

宅建の試験は範囲が広いのですが、すべてをまんべんなくやると、落ちます(笑)

独学だとポイントを絞って勉強することができないからです。理解しなければいけない法律や単語、事例問題が多くて、全範囲まともに勉強しても、ムダなのです。受かるための勉強をしなければなりません。
ただでさえ、緊張感を保ちにくい独学の勉強法で、国家資格をとろうというのは、甘いです。

でも、通学は高額だから・・・

だから、通信教育なんです!価格の安い通信教育をご紹介しておきます。この価格で2ヵ月から半年程度で合格するか、何度も不合格を味わって数年かけて合格するか。

時間の無駄遣いを避けたいのであれば、独学にこだわらずまず合格して、仕事や就職活動に活かしたほうが本人にとってもプラスになると思います。

<おすすめの通信教育>

下記の2社はいずれも安いです。

 ・通信教育のフォーサイト⇒私はこちらにお世話になりました。教材には驚くほどの勉強ノウハウがつまっていて、ここの教材だけで他は必要ありませんでした。

 ・生涯学習のユーキャン⇒こちらも多くの方が利用しているようです。資料を取り寄せましたが、私はフォーサイトをオススメします。